れん・ねっと「SSTカード」

れん・ねっと

れん・ねっとがご紹介するツール群は、子どもたちの人間形成を「遊び」を通して支援することを目的とし、現場で活躍されている臨床家の監修のもとに制作されました。これらのツールには監修者の手によって明確なねらいや使用方法が設けられています。私たちは、学校や家庭で子どもたちの成長に向き合っておられる方々の元で手助けとなることを願っております。

特別支援教育

ソーシャルスキルトレーニング

SSTカード

スクールカウンセリング

RNTS001 SSTカード

SSTカード

拡大は写真をクリック▲

■RNTS001 SSTカード
単価 9720円(税込)
購入数
 

■入っているもの
A4カード 55枚
説明書(使用例付)
寸法/カード:210×297mm
   外 箱:240×328×35mm
RNTS001 SSTカード 9,720円(税込)

紙芝居形式の絵カードを使い
SSTの基本から応用を身に付けます。
SST(ソーシャルスキルトレーニング)は、日常生活や集団生活を心地よく過ごすために必要な気持ちの持ち方やスキルの習得です。このシリーズでは、学校生活や日常の社会生活に必要な5つのテーマを選び、各々について10のサブテーマを展開して、ソーシャルスキルの基本から応用までを練習できるようにしました。カードの中では、6人のゆかいな仲間たちが日常よく見かける場面を展開していますので、自分や友達に当てはめて考えやすくなっています。また、育てたいスキルを標語によって明確に意識化することにより、学習した内容を日常生活で実践しやすいように構成されています。
SSTカード5つのテーマ
1. セルフエスティーム
2. ストレスマネージメント
3. 友だちの作り方
4. 対立の解消
5. 上手なグループ活動の進め方
●活用事例
まず、場面カードを児童、生徒達に掲示し「何が描かれているか」「どんな気持ちか」「この前に何があったか」「この後どうなるのだろう」などについて様々な意見を拾います。このとき、育てたいソーシャルスキルにターゲットをあてて、意見を引き出していきます。広い教室の場合は拡大機等を使用すると集中力が高まります。皆が意見を出し終わったところで、場面カードの趣旨を説明し、場面に関係する活動を展開していきます。場面カードの裏面には指導者向けの解説が書いてありますので、それに基づいて場面カードの内容を伝え、深めていきます。
●活用場面
学級活動・保健室・カウンセリング・特別支援教育・ことばときこえの教室・児童相談所・適応指導教室 等

監修:本田恵子(早稲田大学教授/教育学博士/臨床心理士)
著者:本田恵子・鈴村眞理(臨床心理士)

SSTカード 9,000円

このページのTOP 会社案内 通信販売について プライバシーポリシー

株式会社レンネット / 〒197-0011 東京都福生市福生768 マルフジビル5F e-mail : info@rennet.co.jp

Copyright (c) 2014 れん・ねっと. All Rights Reserved.