れん・ねっと「ことばのいずみ」

れん・ねっと

れん・ねっとがご紹介するツール群は、子どもたちの人間形成を「遊び」を通して支援することを目的とし、現場で活躍されている臨床家の監修のもとに制作されました。これらのツールには監修者の手によって明確なねらいや使用方法が設けられています。私たちは、学校や家庭で子どもたちの成長に向き合っておられる方々の元で手助けとなることを願っております。

特別支援教育

ことばのいずみ

ソーシャルスキルトレーニング

スクールカウンセリング

ことばのいずみ

Lプログラム
Lシリーズ教育キット〈低学年LD児用〉
「語彙・認知教育プログラム」(全12ステップ)キット価格77,760円(税込)

※こちらの商品は受注生産です

Lexico-semantic Cognitive Teaching Program
Based on Classification

Lシリーズ教育キット

拡大は写真をクリック▲

■RNTK010-1 ことばのいずみLシリーズ教育キット〈低学年LD児用〉
単価 77760円(税込)
購入数
  

「語のカテゴリー化テスト」〈3-6歳幼児、低学年児〉価格12,960円(税込)

※こちらの商品は受注生産です

Test of Categorization of Words
Lプログラムによる、分類及び上位概念の指導の学習・発達的効果を評価できるテストです。

語のカテゴリー化テスト

拡大は写真をクリック▲

■RNTK009 語のカテゴリー化テスト〈3-6歳幼児、低学年児〉
単価12960円(税込)
購入数
  

LD状態の改善、回復を目指して
読み書き入門教育プログラム

「ことばのいずみ」とは
小学校低学年のLD児の基礎的な読み書き能力を飛躍的に高め、LD状態を改善させたり回復させるためには、第1学年時から、音節の指導を基礎にした「読み書き指導」、文の構造の理解を通した「文法指導」、分類操作の学習を基礎に、組織立った経験を与える「語彙指導」の3つの面から組織的な言語指導・訓練を行い、その中で子どもの認知諸能力(知覚、思考、注意、記憶、言語的な行動統制など)を発達させることが必要です。このような考えを基礎に開発したのが『読み書き入門教育プログラム ことばのいずみ』です。
このプログラムでLD児に集中的な指導・訓練を1〜2年間行うことによって、基礎的な読み書き能力を確実に形成できるだけでなく、言語的思考を含めて全体的な精神発達(知能)を顕著に改善することができます。

ことばのいずみ開発・監修・著者
教育学博士 天野 清

監修者紹介:
1936年東京生まれ。1966年東京教育大学教育学研究科(実験心理学専攻)博士課程単位取得中退。1978年1月、東京教育大学より学位を受ける(教博68号・東京教育大学)。1965年7月より国立国語研究所所員、主任研究官。1973年より九州大学教育学部助教授。1978年4月より国立教育研究所室長を経て、1990年4月より中央大学文学部教授。2006年3月同大学退官後も、中央大学人文科学研究所客員研究員として、引き続きLD児教育の研究・プログラム開発および普及に意を注いでいる。

Lプログラム 72,000円 / 語のカテゴリー化テスト 12,000円

このページのTOP 会社案内 通信販売について プライバシーポリシー

株式会社レンネット / 〒197-0011 東京都福生市福生768 マルフジビル5F e-mail : info@rennet.co.jp

Copyright (c) 2014 れん・ねっと. All Rights Reserved.